世界遺産に登録されている自然とともに

グレートバリアリーフはまさに自然の生んだ奇跡です。 壮大なサンゴ礁群、亜熱帯の森林、多様な野生動物、  豊かな歴史と文化は、幾千年もの間、ここウィットサンデー諸島で受け継がれてきました。陸上にも海中にも広がる、またとないユニークな世界に親しむ体験は、この上なくすばらしいものです。業界をリードする観光オペレーターとして、しかるべき基準を設けてデリケートな自然環境を守ることは、私どもの責務であると考えています。当社では主に以下のような方針で積極的に環境保全に努めています。

エコツアー認証取得

クルーズ・ウィットサンデーズは、カミーラ号セーリング・アドベンチャー、グレートバリアリーフ・アドベンチャー、リーフスリープ、ホワイトヘブンビーチ日帰りクルーズにおいて、Advanced Eco Certification 認証を取得しています。この国際的な認証はオーストラリアでも先駆的なエコツアーに与えられます。無駄のない資源の活用と環境保全、地域社会への貢献に最善を尽くすべく、積極的に行動するオペレーターとして、環境について学ぶ機会を旅行者に提供しています。詳しくはウェブサイト www.ecotourism.org.au をご覧ください。

エコバージのパートナーとして

クルーズ・ウィットサンデーズは、ウィットサンデーズ諸島と周辺海域の貴重な環境と生態系を守るために地元で設立された環境NPO団体 エコバージ (Eco Barge Clean Seas) にパートナーとして参加しています。エコバージでは様々な活動機会を設け、ボランティアやスポンサー、サポーターとしてご協力いただける方を随時募集しています。

  • 継続的な活動の一環として、海の清掃活動 (Whitsunday Marine Debris Removal Program) で近海のゴミを除去
  • けがや病気で弱ったウミガメを保護し、治療後に自然に戻す施設 (Whitsunday Turtle Rescue Centre) を運営

詳しくはウェブサイト www.ecobargecleanseas.org.au をご覧ください。 

グレートバリアリーフにおける環境保全活動

グレートバリアリーフの自然環境はとてもデリケートです。グレートバリアリーフ・アドベンチャーの運営にあたっては、サンゴ礁を守るため、以下のような対策を実施しています。

  • スタッフの研修教育で環境に関する意識を啓発
  • 廃棄物の適切な処理とリサイクルを推進
  • 必要外のエンジンは停止し、夜間は発電機を稼働しない
  • 沈殿物の浮遊やサンゴ礁の浸食を防ぐため、ポンツーン発着時の速度を充分に落とす
  • シュノーケル中に足ヒレなどでサンゴ礁を傷つけないよう、参加者への案内を徹底
  • ダイビングやシュノーケルのアクティビティ中、魚の餌やりを禁止、海洋生物との接触は参加者だけでなくスタッフも禁止 
  • すべてのアクティビティにおいて海洋生物との接触を禁止

皆様もご協力ください

サンゴ礁の保全活動には居住地に関係なくご参加いただけます。気候変動はサンゴ礁に多大な影響を及ぼしますが、ひとりひとりが排気ガス削減に努めることが環境負荷の軽減につながります。 グレートバリアリーフおよびウィットサンデー諸島へお越しの際は  

  • ゴミは必ず船内に用意されているゴミ箱へ
  • けがや病気で弱っていそうな海の生き物を見かけたら、スタッフにお知らせください
  • エコバージの活動資金に寄付(船内に募金箱あり)
  • エコバージの清掃日にボランティアとして参加する
  • サポーターかスポンサーになる
  • 3R活動(Reduce/廃棄物削減, Re-use/再使用, Recycle/再生利用)船内にも分別可能なゴミ箱を設置しています
Map